top of page
[ カテゴリー ]
[ 月 別 ]

牛肉を食べよう♪ - ロイシン(必須アミノ酸) -


Meet the Meat ♪

日本一のお肉屋さん

のユーダイです!


前回は、

「元気の原料トリプトファン」

ついて書きました。

(前回ブログ参照)


今回は、

必須アミノ酸ロイシンについて。



その前に

《 タンパク質 》についてを復習。

※頭に入ってる方は、下までスキップ



~ 復習 ~


「タンパク質」約20種類のアミノ酸から構成されている

「必須アミノ酸」 = 約20種類のアミノ酸のうちの、食品から摂らなければならない9種類※自力(体内)で合成できないアミノ酸

以下参照


cf. 必須アミノ酸(9種)

バリン・ロイシン・イソロイシン

・運動時のエネルギー源。肝機能を高める。タンパク質の合成を促進。

リジン

・精神的ストレス軽減

メチオニン

・脂質代謝を改善。ヒスタミンの血中濃度を低下させる。

フェニルアラニン

・脳の機能向上。うつ病改善。

スレオニン

・脂肪肝を防ぐ

トリプトファン

・不眠症改善。脳の機能向上。うつ病改善。

ヒスチジン

・酸化ストレスを軽減


《 タンパク質の役割 》

・生体を形作り、生命を維持するのに欠かせない栄養素。

 ⇒ 脳血管疾患の予防

 ⇒ 免疫力UP


《 タンパク質のサイクル・供給 》

・1日に、タンパク質の30分の1が新しいものに入れ替わる。

 (古いタンパク質は分解され、新しいタンパク質が作られる=タンパク質の代謝)


・アミノ酸は、小腸から吸収されてタンパク質を作る原料となる。

・1日の必要量目安:体重60kgの人=60g


 

上記(タンパク質)を踏まえて、

牛肉の凄さを見ていきましょう!


☆ 牛肉は、必須アミノ酸の供給源 ☆

牛肉タンパク質のアミノ酸スコアは、

必須アミノ酸のバランスが非常に良く、

すべてのアミノ酸が基準値を超えている。

(※アミノ酸スコア=タンパク質の良し悪しをはかる指標)


~ 復習 終わり ~



はい。

改めまして、

ロイシン(必須アミノ酸)

着目します!


『ロイシン』筋肉合成を促進し、太りにくい体に


ロイシンには、

「筋肉疲労が起こりにくく、運動の持続性が向上する効果」が、

あるので、スポーツされる人は勿論、

日常生活においても体を動かす際に必要な原料です。

また、筋肉の分解を抑制し、合成を促進効果もあるので、

筋肉を大きくする作用があります。


筋肉が大きくなれば、運動能力はさらに向上し、

同時に基礎代謝量も大きくなるので、

結果として太りにくい体となるといえます。


「お肉を食べると太る」という

イメージを抱く方も多いですが、

むしろ、牛肉を体内に適量摂り入れて、

太らない仕組みを手に入れた方が健康的ですね♪


よく聞く医者の常套句で、

何かにつけて(偏見かも、笑)

「もっと体重を減らしましょう」

提言されますが…


「牛肉を適度に食べましょう」と

提言した方が具体的かも知れませんね!?



改めて言いますが、

必須アミノ酸であるロイシンは

すなわち

『食べないと摂取できない原料』です。


やはり、

適度に筋肉をつけ、引き締まった体であるためには

『牛肉を食べましょう♪』と、

いう事ですね!




《 参照 》

「知っておきたい!牛肉の栄養と機能」

公益財団法人 日本食肉消費総合センター


 

 ~Progress With You!~

【肉のユーダイSNS】

 ※SNSフォロー頂けると嬉しいです♪

お得な情報をいち早くお伝えします!


☆X(twitter)​  


☆営業時間☆

We’re open 9:30~19:30


☆定休日☆

closed on Thursdays

毎週木曜定休

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page