top of page
[ カテゴリー ]
[ 月 別 ]

【 牛骨バゲット焼き 】オス・ア・モアル - Os à moelle -


Meet the Meat ♪

日本一のお肉屋さん

のユーダイです!


ご覧ください。

牛の大腿骨、通称ゲンコツです。

ボールペンと比較するとその大きさが伝わりますかね!?

日本には、叱られて頭にゲンコツをくらう、という表現もありますが、

絶対にこれは使わないでください、、、本当に危険です。



さて、

一般的にゲンコツは

スープ出汁用に使われます。

※当店では基本的に輪切り。


牛骨スープ用としては有名ですが、

実はこんな調理方法もあります。

参照:『フランス式おいしい肉の教科書』


そう。

おフランス料理に牛ゲンコツを使った料理があるのです。

おフランス語で「Os à moelle (オス・ア・モアル)」と呼ぶザマス。

Ça va?



作り方行きます!

un(1)! deux(2)!! trois(3)!!! 



① 牛ゲンコツを縦割りバゲット状にカットして血抜き

 ※バゲットカットには、

・骨髄が取り出しやすい

・火の通りが良く、表面カリカリに仕上がる

という利点があります。




② 水分を拭き取り、塩コショウ(上)、チミチュリソース(下)





③ オーブンで焼く


…以上。




今回シンプルに

「塩コショウ」と「香草を効かしたチミチュリソース」

食べ比べしてみましたが、

個人的にはシンプル塩コショウの方が好みでした。

表面がカリッとしていて中がトロ~り♪

流石骨髄!!って感じの味ですね♪

(表現が雑…)


本場フランスでは、

これをパンに塗って食するスタイルです。

私はクラッカーにも塗ってみましたが

それもなかなか相性良かったですね!

洒落たパーティー用に骨髄ディップなど如何ですか!?


À bientôt!

merci beaucoup


 

~Progress With You!~

【肉のユーダイSNS】

※SNSフォロー頂けると嬉しいです♪

お得な情報をいち早くお伝えします!

 

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page